Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://minolta.blog54.fc2.com/tb.php/1580-17e90c72

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

スパークプラグ交換と、エンスト現象

 ポロのメンテナンスレポート。
 今回はスパークプラグ交換を行った。交換プラグは、NGKのイリジウムマックス(超寿命プラグ)のBPR6EI-P。ヤフオクにて、4本で3,600円。
 1月23日、総走行距離、61,441km。前回のプラグ交換日時、不明。

P1030613.jpg
 使用した工具は、エーモンのプラグレンチとドライバー、写真にはないがバイク用に買っていたモリブデングリス。ドライバーはエアクリーナーを取り外すため。

P1030615.jpg
 我が6N1ポロのスパークプラグは、エアクリーナーの下にある。エアクリーナーを外さなくてはいけないので、見た瞬間は作業をあきらめたのだが、ネットで調べてみるとネジ4本外すだけでOKらしい。1~4の番号が書いてあるネジを外すと、確かにエアクリーナーは外れた。

P1030620.jpg
 エアクリーナーを外したら、プラグと、スロットルボディが。雑誌なんかでスポーツカーの記事を読むと、6連スロットル・・・とかあるけど、ポロは一つなんだな・・・。まあ、そういうクルマだもんな。VTRの方が上だなw

P1030627.jpg
 早速、スパークプラグを外してみた。プラグコードを抜くのがちょっと大変だったけど、プラグは簡単に外せた。エーモンのレンチは使い勝手上々であった。それにしても、元々ポロについていたプラグは、足が3本もある。記録簿によれば前オーナーはVWディーラで律儀に点検をしていたようだから、純正だろう。

P1030634.jpg
 プラグコードはつながっていて作業がしにくい。一気に全部外して、一気に全部装着した。

P1030646.jpg
 交換した後、プラグをよくよく見てみれば、NGKの刻印の他、フォルクスワーゲンとアウディのマークが。 

 超寿命プラグは、10万キロ寿命とのこと。あと2~3年乗るとして、5万キロぐらい乗るとして、まあ次に交換することはないだろうな、と考えている。作業時間は30分だったので、また気分で交換してもいいけれど。


 イリジウムプラグ・レポート。
 交換した後、奥多摩まで走った。渋滞気味の市街地走行から、山間部、そして高速道路を走った。
 走り出してすぐに感じたことは、「なかなかすごい!体感できる!」であった。低速トルクが増して、クラッチミートの感覚が変わった。加速は1割り増しぐらいにはなった気がする。一発始動であることは、変わりなし。
 反面、2000回転ぐらいでアクセルに微振動が伝わるようになった。これはなんだろう。原因がわからないけど、交換前はなかったし、交換した直後から感じられるようになったから、プラグ交換に起因していることは間違いないと見ている。
 総じて、エンジンが荒々しくなったと感じた。元気はあるけど、振動が増した?
 元々、3本足の変態プラグを搭載していたのは、それはそれで理由があってのことだろう。イリジウムとの相性が悪い場合もあるのかもしれない。もうしばらく様子を見て、純正プラグに戻すことも可能性としては、ある。ヤフオクに純正BUR6ETもあるから、買おうかなぁ。


 エンジン不調について。
 奥多摩に向かう途中、またも、エンジンの不整脈現象が起きた。これで3回目だ。今までと違うのは、エンジンは十分に暖まってる状態だったこと。
 走り出して30分以上は経過していた。場所は所沢の街中。渋滞気味の道を、ストップ&ゴーを繰り返して走っていた。その繰り返しの中、突如、回転数が500まで落ちた。あの現象だ! そう思ってエンジンを吹かす。吹かせば2000回転まで上がる。しかしまた回転が不安定になる。道の真ん中で止まるのは避けたかったから、うまい具合に左にあった路地に逃げ込んだ。そこで停止し、キーをまわしてエンジンを止める。再始動後は、問題なかった。その後、奥多摩に行って帰ってきたが、問題なかった。

 プラグを交換した直後だったので、プラグ起因も考えられる。ざっとネットで調べてみれば、エアクリ・スロットルボディなどの吸気系、プラグ、プラグコードなどの点火系が怪しい。
 吸気系が原因であるとするならば、常に不調なのではないか、と思う。症状がたまに現れる・・・ってことを考えると、点火系のほうが怪しい気がする。
 記録簿を見てみた。
 過去2回、プラグコードの点検と交換が行われていることがわかった。
 回転が500回転ぐらいまで落ちて、不安定になるのも、点火せず1気筒死んでいたと考えると納得できる。スロットルボディは一個だから、吸気系が原因ならスロットルボディからエンジンの間、か。たまに症状が現れるのは、断線しかけているから? ポロの振動は結構すごいから、考えられなくも、ない。
 あるいは、ガソリンに水が混ざっているとか。水が混ざって燃えにくい燃料が噴射され、不安定になることも考えられる。それであれば水抜き剤を入れるだけで改善しそうなんだけど。。。

 そんなこんな、素人が考えてみても、埒があかないので、近々ディーラーに行ってみようかと思う。エンジンオイル交換をしてもらおうと思っていたから、それと、車検の見積もりなんかも一緒に。タイベル交換の費用も聞いてみたい。ていうかタイベルとかも点検してもらいたい。
 購入して1ヵ月半、早くも輸入車の楽しみ(?)を満喫中です。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://minolta.blog54.fc2.com/tb.php/1580-17e90c72

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
27歳。男。埼玉県。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

QRコード

QRコード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。