Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://minolta.blog54.fc2.com/tb.php/1662-640e90e0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ポロの調子 秋

 結論から言うと、今なおポロのエンジンの調子は、悪いです。

 涼しくなってきた。だからなのか、エンジンの調子がいい時があった。エンジン始動すぐにでも、走り出せる。それで走り出したとしても、その後、何の不調もなく走ることができる。・・・って、考えてみれば、普通のクルマにとって当たり前すぎる話なんですが、10分ぐらい暖機してから走っていた事を考えると、これだけで感動です。
 そんなポロに気をよくした俺は、3連休、ポロで東北に行くと決めた。そもそも天気がよくないから、バイクではどこへも行きたくない。となれば、ポロしかないわけで・・・。
 行くと決めた、その夜、木曜日だったか、ポロに乗ってみたら、調子が悪い状態に戻っていた。あの、週の始めの調子のよさは一体なんだったの!? と、気まぐれすぎるこのツンデレ車に、嫌気が差してきた。考えても見れば、行きたい時に行きたい場所へ行ける事が、大切なのだ。だが、調子が悪ければ、その気分を殺ぐ。だったら、さっさと、調子のいいクルマに買い換えてしまえ! と、思わずにはいられない。思わずにはいられないのだけども、先立つものがないのが、現実。

 もっとも、走り続けていれば、特に不安はない。金曜日の夜、関越道を北上するポロは、特に不安なく走ってくれていた。
 翌日、山形のオートバックスで、オイル交換を行った。前回の交換が、5月ぐらい。距離としては3000kmぐらいしか走っていないので、早めの交換。気になるのは、前回入れたオイルが、独断と偏見で10W50だったこと。涼しくなった今では、ちょっと硬いんじゃないか? だから調子悪いんじゃない? そう思い始めると、いてもたってもいられないので、5W40のカストロールEDGEに換えた。2回続けてエルフだったんだけど、いろいろ試してみようって思って。
 こんなボロクソ車なのに、オイルはいつも6000円ぐらいっていう・・・。

 んで、走り出してみると、軽い感じがした。いい、スムーズな回転だ! しかし根本的問題の解決は、まったくできていなかった。高速道路走行の後の、日本海側東北のスムーズな一般道の流れにおいては、まったく問題なかった。だが、クルマをとめて、エンジンが冷えたころにまた走り出そうとすると、いつもの調子だった。

 ホテルに泊まっての翌日、エアフロセンサーを清掃してから出発した。外してみたらオイルのにおいがした。やっぱりブローバイに含まれるEGオイルがセンサーに付着してよろしくない状態になってるんだろうか? 清掃してみたら、とりあえずエンジンが止まることはなくなった。

 そのままなんとか旅を終えて、帰ってくることができた。よし、いいんじゃないか? エンジンをしっかり回して、ガソリンはハイオクだし、内部の汚いものいろいろと、燃やしきれたんじゃないか? と、思うのもむなしく、その後はまたストールするようになった。
 しかも、それまでは、ストールしそうになっても、エンジンが粘っている感じがした。なのに、今は、ストンとエンジンが止まってしまう。気合がなくなったー!

 そして今夜。ヤマダ電器にいこうと思って、クルマに乗った。エンジンをかけて少しで、回転が乱れる様子もなかったから、走り出したのだが・・・。まったくパワーがない。ギアをつなげば、もうガタガタしていて、そこからアクセルを踏み込んでも反応がない。なんとか止まらないというレベルで、ノロノロと路地を走っていた。もちろんその状態で通りに出る気になれるはずもなく、路肩に止めて様子を見ることになった。
 ノロノロ走っているとき、アクセルを無理に踏み込んでみる。ストールしそうになりながらも、なんとか走ることはできるが、回転はあがらない。そのとき、パン、パン、と、ボンネットの方から音がした。
 アフターファイアー? バックファイアー? アフターなら、後ろから音がするか。だからといってバックファイアー? FIでバックファイアーって有り得るんだろうか。
 とりあえず、気筒の外で、爆発している音がしたわけで。
 燃えるもの(ガソリン)は噴出されているけど、しかるべき場所で着火できていない、とすれば、プラグなんかが怪しいのかなと思うわけですが、プラグは白金に交換、ハイテンションコードも交換、ディストリビュータは清掃して、かつ、プラグに火花が飛んでいることを全気筒分、チェックしてあるんだが・・・。
 アクセルを回しても、パワーが出ない。っていうのは、バイクで経験があって。バイクは普通にキャブなので、チョークを開けたまま走り出すとそんな感じ。ってことは、エンジンの温度に対して適切な空燃費ができてないんだろうか。とすると、水温センサーや油温センサー(あるのか?)が怪しかったりするんだろうか。

 いろんなセンサーから情報持ってきて、FIで燃料噴射して。なんてことやってるから、こんなことになるんだ! ポロのキャブレターキットがあったら買うぞ!
 少なくとも、僕の場合は・・・。キャブのVTRは、キャブ部分ノーメンテで7万キロ調子がいいんだ。最近は1~2ヶ月乗らないなんてこともあって、その後でもチョークさえ引いてやればセルでエンジンがかかるんだ。そしてその後は調子がいい。エンジンが止まるなんて事はない安心感がある! それに比べてFIのポロは、アイドリングが安定せずそのままストールしたり、走り出してもアクセル踏んでもパワーでなかったり、定速走行中にガタガタし始めたりしている。よって、電子制御は信頼ならねぇ、という、ひねくれた考えが脳を支配しようとしている!

 あ。SR400のキャブを4つ装着すればいんじゃね? ポロは4気筒の1600cc、1気筒辺り400cc。ピッタシじゃん。なんてこと、できるわけねぇorz


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://minolta.blog54.fc2.com/tb.php/1662-640e90e0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
27歳。男。埼玉県。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

QRコード

QRコード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。