Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://minolta.blog54.fc2.com/tb.php/1833-a4389a36

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2013年初スノボ 川場アイスバーンスキー場

 1月上旬は風邪で高熱でダウン。下旬は仕事が多忙。というわけで、まったくスノボに行けず、意気消沈していたが、2月になって、やっと初スノボに行くことができた。
 この日のために買っておいたDSC-TX20と、Dragon Snow Camoが、やっと役に立つ!

 さらに、前日、アマゾンで発見し、これバイク用によさげだな! と思ってヨドバシ.comで購入した、JVCのRoll Bar Mountも持って行くことにした。棒状のものにカメラを固定できるアイテムですな。なので、バイクの車載動画によさげと思ったのだが、ボードのバインディングのストラップにも取り付けられそうだったので、持って行くことに。
 そして、我輩のサイコーにカッコいいゴーグルを守るために、ゴーグルのハードケースと、水滴が付いたときのためにメガネ拭き的なヤツも、近場のアルペンで仕入れてきた。
 というように、スノボ行く準備万全! で望んだ日曜日であった。

DSC00795.jpg
1800円ぐらい、すべてヨドバシポイントで購入。

DSC00813.jpg
ゴーグル様には、1300円ぐらいのハードケースを用意。

 友達が6時ぐらいに迎えに来てくれることになっていたので、5時ぐらいに起床。平日は起きられないけど、スノボのためなら起きられるぜ! と思っていたら、友達が前日飲み過ぎて、8時出発に変更になった。
 起きてしまったのに、寝るのもナァ・・・と思い、朝日が昇るのを見に行った。
 スノボですべる前に、Zで後輪を滑らせておいた。

DSC07494.jpg
日曜日の夜明けを走る。


 日曜日ということもあり、関越自動車道の流れは順調! で、どこ行こうか? たんばら? スマホで調べてみたところ、たんばらは最長滑走距離が2.5kmぐらいだった。なので、同じく沼田インターが最寄であるところの、川場というところにしてみた。二人とも行ったことがないし。
 2時間半ほどで到着。
 駐車場にたどり着いたところで、ものすごい強風。なんだこれは! まともに滑れるのだろうか? でも、天気はいいのが救い。

DSC00836.jpg
天気のいいゲレンデは気持ちいい。

DSC00830.jpg
リフトに乗りながら、サイコーにカッコいいゴーグルを激写。

 いざ滑り出してみると、ほぼほぼ全面、ガリッガリであり、雪質はよろしくなかった。特にひどい場所では、完全なるアイスバーンであり、ここはスキー場のはずだが、スケートリンクにきてしまったのか・・・と思うほど。で、その、スケートリンクでコケた。
 スノボに慣れてきたと思い込んでいたせいもあって、何の警戒もなく、アイスバーンを颯爽と駆け抜ける! 最初のうちは問題なかったが、途中で思いっきりコケましたね。ケツを付いた感触は、雪のやわらかいソレではなく、コンクリートに打ち付けた感触であった。
 で、左手を突いてしまったので、左手が痛くなった。

 リフト乗り場も結構並ばなきゃだし、二度目はないスキー場だなぁ。
 なんて思いつつ、ロールバーマウントを使用して動画撮影を開始する。

PDVD_648.jpg
久々に動画編集しようと思って、PowerDirector9を立ち上げたところ、編集中、BGMの音声が出ない。Premiere Elements9.0も激遅。これじゃ編集する気にならねぇ! くそぅ!くそぅ!

DSC00859.jpg
とかやってたら、3回目でお壊れになられた、ロールバーマウント。私の1800ヨドバシポイントが無になったぜ、わずか30時間の命であった。


 というわけで、昼飯にカレーと豚汁を食い散らかし、食後の一服は最高だ・・・とやっていたら、なんか見たことのある顔の人が、目の前に立ちタバコをすい始めた。フードに隠れて横顔じゃよくわからん・・・といって、真正面から覗き込んで、違う人だったら困る。
 知り合いだと思って話しかけたら違う非度たった、という経験が、片手で数えるほどある俺としては、そういう事態はなんとしても避けるべきであり、一度冷静になった。その人は、誰かとしゃべる様子もないから、声で判別できない。となれば、こちらが、適当な話をして、声を聞かせれば、気づいてくれるかもしれん・・・。
 結果、見つめあう男三人。
 やっぱり、最近スノボをはじめた、夜景研究会会長であった。

 まさか、偶然、ゲレンデで、会うなんて!!
 コレで相手が女子だったらこれはもう運命的な出会いということで即挙式で即結婚である。
 別メンバーと来ていた会長と一緒にリフトに乗り込み、一緒に滑った。が、路面は相変わらずのアイスバーン。これ、面白いことに、コケても止まらない。大の字になってもそのまま進み続けるので困った。大の字のまま意識してエッジをかけてやらないと、そのままリフト乗り場まで行けそう。

DSC00878.jpg

 んで、今回やっと、本来の目的であるところのスノボデビューを果たした、DSC-TX20であるが、なかなかよかった。青空がキレイに写る! のは、晴天に恵まれたからってのもあるけど、自動EVがなかなか優秀で、EV補正をする必要がなかった。ゲレンデは真っ白なので、+1EVに設定するといい感じなんだけど、コレは特に設定ナシで。それから、レンズカバーがついているっていうのが地味にナイス! 不意に水滴が付いちゃったりしない、ってのがいいですな。まあ、撮影しているとある程度付くので、マシになる程度だけど、結構有難い。タッチパネルがゲレンデでどうかな、って思っていたけれど、グローブをしながらシャッターは問題なく押せるし、動画撮影ボタンもハードウェアで用意されているので、不便に感じることはなかった。ズームレバーもグローブしたままで不自由なく操作できた。レンズカバーで電源ON/OFFができるのも楽。動画撮影中に10枚までスチルも撮影できる(動画をキャプチャできる)のも便利だし。バッテリーについても、今回はそこまでハードに使わなかったからってのもあるけど、最後まで残量マックス表示だった。

 コースの途中で腰を下ろしていたら、猛スピードで駆け抜けるボードを目撃した。スノーボードだけ。乗り手を失ったボードは猛スピードでリフト乗り場に突っ込んでいく。見ていてひやひやした。初心者向けスノーボードDVDを見て、リーシュコードは必ずつけるべし! を、実施してきたけれども、とはいえ、ボードだけ先に流れちゃうなんて、なかなかないだろ・・・と思っていたけど、実際にあるものだった。リーシュコードの大切さを思い知った。



 明日は月曜日だし・・・('A`) と、高速道路が混み始める前に、ゲレンデを後にした。川場スキー場へ至る一般道がなかなか、バイクで走ったら面白そうだなぁ・・・と思う道だった。夏場のゲレンデってどうなってんだろ? っていうのも、昨年から気になっているところであるし、今年はちょいと、来てみようかな。

DSC07027_20130206235859.jpg
面白そうなワインディングが続く道。

 と、滑っているときは、それほどでもなかった左手が、クルマに乗ってから、猛烈に痛くなってきた。常時痛い。すごく痛い。冷やすと気持ちいい。なんだこれ。腫れてないから、骨は大丈夫だろうから、いわゆる、捻挫か。捻挫というのは、記憶の限り、人生初であるから、どうしたらいいのかわからない。
 帰宅したらすぐにシップ。あと、テーピングとか、サポーターを買ってきた。スポーツ少年ではなかったので、サポーターとやら、初めてやった。

DSC00919.jpg

 寝る前に、手が曲がっちゃってることに気づいて、これはいかんと思い、月曜日に病院にいった。レントゲンをとってもらった結果、骨は大丈夫! よかった! それが聞きたかった! と、安心した。先生も、しばらくシップしておけば大丈夫、と、クスリも何もくれなかった。
 というわけで、しばらくシップとサポーターで過ごした結果、水曜日の今現在は、ほぼほぼ痛みはなくなっている。が、重たいものは、まだもてない。
 三連休に実家に帰ろうとしているが、Zのシフトが操作できるか少々不安。ATなら最悪、左手、片足をケガしていても運転できる気がするが、MTだとなぁ、どれかひとつ欠けてもダメだなぁ・・・。

 で、手が治ってきたので、早くもまたスノボに行きたい。
 今シーズン、あと3回は行きたいよぅ!!
 と思って、アマゾンで見つけた、X-Shotを発注した。コレを使うとなかなかいい感じの動画が撮影できるらしく、次回が楽しみぃぃ!!

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://minolta.blog54.fc2.com/tb.php/1833-a4389a36

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
27歳。男。埼玉県。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

QRコード

QRコード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。