Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://minolta.blog54.fc2.com/tb.php/1946-6290c83e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

SSD導入の感想など

 休日だけど、雨だけど、SSDが届いてるから早く起きるぜ! というわけでパチっと目覚めた今朝は早速、SSDへの移行作業を行った。が、作業内容は長いので後述に。

 雑誌やネットで得た情報の通り作業を行った結果、さくっと普通に起動したため、「あれ?ちゃんとSSDになってる?」と思ったが確かにWindowsの起動が速い! と思っていたが約12時間経過した今はその速度になれたためあんまり感動は残ってない。なるほどSSDだと言われないと気づかない、といえばそうなのかも、な感じ。
 いやそんなはずはない! 速いぜ! 俺はいい買い物をした! と自己暗示をかけるべく、起動して早速、ベンチマークを取った拙者。

 と、自己暗示しながら書き殴ったら長くなったので、先に感想を。
 つまりは「体感的な効果」ですな。

 Windowsの起動・終了については、速い! と思ったが、でも2倍速とまでは行かない感じ。もうちょっと速くなるかなーと期待していたのだが。休止状態についてはさらにうーん?という感じで、思っていたより速くならなかった。って、言葉で表すのはキビシイがそんな感じ。
 だが、Windows起動において、デスクトップが表示されてからの速度が速い! これまで、アイコン、右のガジェット、付箋、などが「ポン、ポン、ポン」と一呼吸置きながら起動していた感じだったのが「ポポポポーン!!」と同時多発的に表示されていく。たのし~いなかまが~♪

 その他、右クリックをした時のメニュー表示のもたつきが解消されてハッピーとか、メーラー(WindowsLiveMail)の起動が4倍速ぐらいになった気がするであるとか、ブラウザ(クローム)も表示が速くなった気がするであるとか、あとスカイプの起動が3倍速ぐらいになった。
 「新規フォルダー作成」でもたつく、などのプチフリも今のところないので、一安心。

 で、以下は体感ではなくスペック的なお話。

WS010968.jpg WS011561.jpg
HDD(WD10EARS-22Y5B1) ⇒ SSD(TS256GSSD340)

 ベンチ取ってすぐ思ったのは「価格.comのユーザレビューより速度出てないな」という事であった。多分、SATA3.0で接続してないのが原因と思われる。SATA2.0の約300MB/sを考えればいい値なのかな、みたいな。っていうかこのSSDはライトよりリードの方が早いはずなんだが、上2つの結果は逆になってますな。転送速度の頭打ちなのかしら。わからんけど。とりあえずSATA3.0にしたい欲求。
 冷静になってHDDと比較してみれば、でかいファイルは約2倍、小さいファイルについてはライトで約100倍も速くなってるんだからなんかオッケーっす!

WS011453.jpg WS011540.jpg
左:SSDのUSB3.0接続 右:SSDのSATA3.0端子接続(なお3.0で認識されてない模様)

 マザボにSATA3.0の端子がある、が、そこにつないだだけでは、どうも3.0のスピードが出ない。そーいえばケーブルが旧いから3.0対応じゃないのかも。あるいはBIOSで何らかの設定が必要、さらにOSもなんかしなきゃ、みたいなのを軽くググって、後でやろうと思った。


WS010966_20140608233718389.jpg
WS011565_20140608233719513.jpg

 「エクスペリエンス インデックス」略してエクインについても、上がっていた。が、あと一歩って感じがしますな。7.0の大台に乗せたい! そのためにはやはりSATA3.0で接続したい! みたいな。とはいえ、7.9がマックスのエクインにあって、まあまあいい数値なの・・・か?


 という感じで、かなり速度アップしているはずだが、その速度に既に慣れていた感があり、逆に言えばもうHDDには戻れないのかなー、みたいな。1.2万円の価値があったのかは微妙なラインで、『価格容量レシオ』を考えると微妙だが、『価格速度レシオ』を考えるとスペック的にはOK、体感的にもまあいいかな、と。

 なお、HDDからSSDへのデータ移行も簡単だった。
 以下、移行のお話。


 元々、Cドライブにファイルを保存しないようにしていた。
 CドライブはOSと、プログラムと、あとは・・・ああ、メールデータはCドライブにあるのかな・・・。という感じで、マイドキュメントも写真も動画も、全て他のHDDに保存していた。
 というわけで1TBのHDDをCドライブとしていたが、使っているのは110GBぐらいだった。だから254GBのSSDへの移行は簡単だった。もし、SSDの容量より移行元HDDの容量が大きい場合は、減らすなりなんなりする必要がありますが、その辺はこの辺りをご参照頂きたい。

 開封したSSDをUSB3.0で接続しCドライブをクローンコピーし終わったら電源切ってCドライブを外してSSDを取り付け電源を入れるだけ。と、句読点なしで書けるレベルの簡単作業であったが以下長々と書く。

 前にパーティーションいじりで用いた「AOMEI Partition Assistant Standard Edition 5.5」でもクローンコピーできそうだったが、それを用いている先駆者を見つけられなかった為、今回は「EaseUS Todo Backup 6.5」を用いた。てっきりWindowsを終了した状態で動いてくれるのかと思いきや、普通に使える状態のバックグラウンドでクローンコピーしてくれた。

IMG_0373.jpg
中身。SSD本体、3.5インチ変換のヤツ、ネジ、書類。

IMG_0385.jpgIMG_0395.jpg
HDDと比較するとメッチャ薄い!軽い! まずはお馴染みKURO-DACHI/CLONE/U3を用いてUSB3.0接続します。

WS011509.jpg
クローンコピー。ワシの場合約40分で完了。

DSC02593.jpgDSC02601.jpg
電源落としたらHDDを取り外して、SSDをPC本体に内蔵で完了。

 なお他のSATA端子に接続したら、「OSがねーよw」という旨メッセージが表示されたが、BIOSのBOOT設定をすればオーケーであった。

 ついでにその後1時間ぐらい、SATA3.0でどーにか接続できないか? といろいろ試していた。とりあえず諦めて、SATA3.0接続をやめたところ、BIOS起動速度が上がったのは、我がマザボP7P55D-E EVOがSATA3.0接続の場合Marvellとかいう追加チップ?を用いていてそれの読み込みに時間がかかる様子。これまで、なんとなくSATA3.0端子に接続していたHDDどももこの際外した結果、数秒早くなった。

 そんな感じで移行作業は2時間弱。お昼前には完了していて、ちょっとあっけなくも思った。

 残タスクとしては、まずSATA3.0接続にしたい。なのでケーブルを買って、あとはBIOSとOSの設定について研究せねばなるまい。AHCIがナンタラ~、その場合OSもナンタラ~、みたいな。軽くググって大変そうだなあ、と。なんにせよケーブル買おう。ヨドバシポイントあるからヨドバシ.comやな。 と思っていたがケーブルはあんまり関係ないのかも? とりあえずケーブル買う前に違うのやってみよう。

 あと、これまでCドライブとして生きてきた1TBのHDDが余ったわけで、これはSSD(Cドライブ)のバックアップに使おうかなーとか思っている。これまでも気が向いた時にCドライブのバックアップをしていた。Win7の標準バックアップ機能を使って。面倒なので数ヶ月に1回しかやってなかった。そんな感じでCドライブはノーガード戦法であったが、今後はいい感じにバックアップしたいなー。Cドライブのバックアップってどうやるのが一番簡単なんだろう。Win7標準機能だとどうも使いにくい。その辺りも要検討ですな。

 あと何かやろうと思っていたが忘れた。
 まとめ。最近、何かと表示にモタつく感じで、イラっとしていたこのPCであるが、このSSD導入によってそれが解消されてハッピー。この具合ならあと2~3年は使える・・・ッ! という延命処置になった。今もタブを15個ぐらい開いているけど、遅くならないもんなー、HDDだとタブ切り替えで表示が遅かったもんなー。スバラシイ!

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://minolta.blog54.fc2.com/tb.php/1946-6290c83e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ゆうき

Author:ゆうき
27歳。男。埼玉県。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

QRコード

QRコード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。